ガクアジサイ,アジサイ,違い

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

ガクアジサイとアジサイの違いは?

読了までの目安時間:約 6分
hydrangeas

梅雨になると気になる!?今回はガクアジサイとアジサイの違いについてリサーチしてみました。



梅雨になると、道端で見かけるアジサイ


青や紫など、梅雨時期らしい
色合いで、素敵ですね。


ところで、道端の紫陽花を見ていると
時々花の咲き方が違ったりしませんか?



一般的なアジサイとは違い、
平べったく花の数も少ないもの。



言い方は悪いですが、
少々みすぼらしくも思えます。


今まで花が咲いていないアジサイ
なのだとばかり思っていました。



しかし実はこれ、種類の
違いなんだそうです。


知っておくと、自慢できるアジサイの
豆知識についてご紹介します。


知っておきたい、ガクアジサイとアジサイの違い

ajisai001
ガクアジサイとは、日本古来の、
昔からあるアジサイです。



平べったいかたちに、周囲にポツポツと
花が咲いているのが特徴です。



この周囲に咲いている大きな花、
実は本当の花ではないのです。



装飾花と呼ばれ、厳密には花ではなく
ガクと呼ばれています。



本当の花は真ん中の、小さく
密集している部分。


オシベやメシベはここにあるんだとか。


大きく派手な装飾花は、蜂や蝶などの
虫を集める役割をしています。


では、私たちが思い浮かべるアジサイは
いったいどんな種類なのでしょう。


このアジサイは別名
セイヨウアジサイと呼ばれています。


ガクアジサイをもとに品種改良された、
観賞用のアジサイなんだそうです。



セイヨウという名の通り、一度
ヨーロッパに渡り、そこで
品種改良されたものです。


確かにガクアジサイと比べるとガクの
部分が多く、見栄えがしますね。



ちなみに、アジサイは日本原産の花です。


古くは万葉記にも登場していますが、
ガクアジサイの見た目故、
人気はありませんでした。



江戸時代にはユウレイバナとも呼ばれ、
見向きすらされなかったそうでう。


そのアジサイもヨーロッパに渡り、
セイヨウアジサイとして
大正時代に逆輸入されます。



そして戦後、鎌倉にある明月院に
植えられたことで注目を浴び、
一躍観賞用として人気の花に。


ajisai005
こぞって各地で植えられ、梅雨の
風物詩にまでのぼりつめたのです。


私たちがアジサイと言えば
セイヨウアジサイを思い
浮かべるのはこのことにあります。


最近ではセイヨウアジサイの
人気とともに、ガクアジサイも
見直され始めました。



数少ない日本原産の花ですから、
ぜひ後世に残していきたいものですね。


なぜ色が変わる?アジサイの色の違いの豆知識


アジサイの特徴のひとつに、
花の色が様々あることがありますね。



青紫や赤、水色や白など様々です。


この色の違いもアジサイが
人気の理由ですが、
これはどうしておこるのでしょう?


アジサイの色の変化は、
含まれているアントシアニン
補助色素が関係しています。


一般的にはアントシアニンが
大きく関係していると言われています。



そのアントシアニンが土のpH値に
応じて色を変えるので、
様々な色のアジサイがあるんだとか。




土がアルカリ性なら青



土が酸性なら赤



と言われています。


小学生時代、リトマス試験紙で
酸性やアルカリ性を
色の変化で調べたことはありませんか?



花の色が変わるのは、単純に言うと、
あの原理なのだそうです。



しかし、厳密には補助色素も大きく
関係しているため、人工的に花の色を
変えるのは非常に難しいそうです。


また時間の経過とともに青の花でも、
赤くなっていくんだそうですよ。



色にこだわるのもいいですが、
花そのものの個性として楽しんだ方が
いいかもしれません。


ガクアジサイ、アジサイについてのまとめ



ガクアジサイとアジサイの違いについて、
知って頂けたでしょうか。


皆さん意外と種類が違うことは
ご存知ないようです。



私自身、調べてみるまで咲き始めの
アジサイだとばかり思っていましたから。



ちょっと自慢できる豆知識ですね。


ガクアジサイとセイヨウアジサイ。


今度道端でアジサイを見かけたときは
どちらなのかも気にしてみてください。



それぞれの良さを見つけられると、
より楽しめそうですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー