情報

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

さっぽろ雪まつり初音ミク

読了までの目安時間:約 6分
yukidarumaki

さっぽろ雪まつりと初音ミクについて関係や由来を調べてみました!!



スポンサードリンク

雪ミクとは?



雪ミクとは何なんでしょうか?


ミクと聞くとなんとなく予測は付きますが、
このミクは初音ミクのミクです。


雪の真っ白なイメージと初音ミクのコラボ。


真っ白な初音ミクというのでしょうか・・・。


この雪ミクは北海道のさっぽろ雪まつりの
応援キャラクターなんだそうです。



はじまりは2010年。


「さっぽろ雪まつり」で雪像として初音ミクが
作られたのがはじまりだそうです。


翌年にはマフラーを付けた雪ミクが登場。


そしてさらにその翌年からは衣装デザインを
一般公募で募集しているんだそうです。


初音ミクは根強い~~人気がありますから、
さっぽろ雪まつりをこれからも盛り上げて
くれると嬉しいですね~。


でも近年は天候が気になりますよね。


2014年から2015年にかけての
年末年始は強い~~寒波がやってくるそうです。


2月頃のさっぽろ雪まつりのあたりの天気もどうなるのか・・。


温暖化で暖かくて雪像が溶けてしまっても困りますが・・。


大雪すぎたり、寒すぎたりしても困りますよね。


では、次に毎年家族でさっぽろ雪まつりに
いくという体験談を紹介します!!


さっぽろ雪まつりおすすめスポットは



私は札幌在住で、毎年家族で雪まつりに行きます。


さっぽろ雪まつりのメインは大通り会場です。


自衛隊の作った大きな雪像や、一般応募の雪像、
海外から参加された方の雪像もあります。


お天気に恵まれてしまうと、せっかく作った雪像が
溶けてくるので、修復を重ねながら作られています。


子ども向けの氷の滑り台があり、そりに乗って
無料で滑る事が出来ます。



子連れにはおすすめスポットですね。


そんなに混雑はしません。


屋台や休憩所、トイレも沢山あります。


人出が多いとトイレも重要ですよね・・・。


トイレの前で長蛇の列は困ります。


特に寒い~~外で待つのは最悪ですからね・・。


2014年は外国からのお店もあり、
とても美味しかったですよ。



雪まつりのグッズを販売している
お店も沢山あるので、見ていても楽しいです。


週末は、雪まつり会場内に作られたジャンプ台で、
子どもから大人の方までの、モーグルショー等があり、
とても賑わっています。


これも無料です。


なかなか近くで見る機会がないので、
カッコ良いジャンプにお客さんも興奮しています。


警備員も沢山いて、大通り公園を一方通行にして、
誘導しています。


10丁分位あるので、滑りにくい、温かい靴や、
服装がオススメです。


さっぽろ雪まつりにおすすめ服装



ちなみに、私たちが行く時の服装は、子どもは
タイツを履き、上も一枚多く着てスキーウエアです。



それに、ネックウォーマー、スキー用手袋、
帽子を身につけます。



大人もタイツを履いて、一枚多く着て、
ベンチコートや、丈の長いモッズコートを
着て、スキー手袋を履きます。



手足が一番寒くなるので、保温性のある方が良いです。


地下鉄大通りの乗り場がすぐですし、
地下街にもすぐ入れます。


混雑はしていますが温まるには最適です。


雪ミクの会場は



可愛い雪ミクは、大通り6丁目会場に雪像、
すすきの会場に氷像が置いてありました。



初音ミクの会場は、混雑してます。


特にグッズを販売している所は並んで
お店に入るくらい混んでます。


初音ミクとコラボした食べ物もあり、
並んでいましたよ。


氷のスクリーンにミクの3D画像が流れる時間があり、
ファンの方たちは、ビデオや写真を撮ってました。


大通り会場からシャトルバスが運行されており、
ツドーム会場へもいけます。


車では行けないので、地下鉄栄町周辺に駐車するか、
シャトルバスを利用すると良いです。


ツドーム会場では、モーターバイク、
チューブそりなどを、有料で遊ぶ事が出来ます。


会場のスタッフは大学生のアルバイトが多いので、
プチ仮装して盛り上げています



外国人には人気がある様です。


ツドーム内で飲食も出来るので、
寒くなったら中に入る事も出来ます。


さっぽろ雪まつりが終わった後の、
雪像を壊す所を見学する人もいる様ですよ。


何時間も楽しめるので、防寒対策を
しっかりしてお出かけすると良いですよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー