お盆,意味,由来,迎え火,送り火,子ども

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お盆の意味や由来は?迎え火や送り火等子どもにも分かりやすく!

読了までの目安時間:約 7分
family01

お盆の意味や由来は?迎え火や送り火など子どもにも分かりやすく紹介しています。最後にお盆の意味を親子の会話形式で紹介しています!



スポンサードリンク


以前、梅雨の意味について
書きましたが、今回は
お盆についてです。

社会人にとっては貴重な
長期休みであるお盆。


ご家族でゆっくり過ごす方、
旅行へ出かける方、
帰省する方様々ですね。


最近では夏休みという
イメージが強いお盆。


そもそもお盆どんなものなのか、
ご存知ですか?



お盆の由来は?本来何をするものなの?



きちんと理解できていますか?


子供さんにもきちんと伝えられますか?


お盆について、知っておきましょう。


そもそもお盆って?知っておきたいアレコレ



古くより、お盆の時期には先祖や
亡くなった方々の霊がこの世に
帰ってくると信じられてきました。



その帰ってきた霊を迎え入れ、供養し、
再びあの世に帰って頂く。



この一連の行事がお盆です。


期間は旧暦の7月15日前後


新暦では8月13日から16日が一般的です。


ほとんどが新暦で行いますが、現在でも
旧暦の頃に行う地域もあります。

a0027_002832

迎え火と送り火



13日の夕方に迎え火を焚き、
霊を迎え入れます



14日と15日には迎え入れた霊を
供養するため僧侶を招いて
読経を行います。


またお酒や食べ物なども供えます。


盆中日と言われるこの時期にお墓参りに
行くことも多いです。


そしてお盆の終わる16日の夕方、
送り火を焚き、あの世に帰って頂きます。


盆棚のきゅうりとなす


またお盆期間中に各家庭で
見られるナスとキュウリの置物。


これにはそれぞれ意味があります。


まずキュウリは馬を表し、少しでも
早く帰ってこられるよう
願いが込められています。


ナスは牛を表しています。


これは逆に、のんびり、
ゆっくり帰ってもらいたい
という願いの表れです。



また、霊が馬に乗り、牛には荷物を
乗せて楽に帰れるようにと願う意味も
あるという説もあります。



説は様々、お盆の由来


お盆の正式名称は
盂蘭盆会(うらぼんえ)です。


これはインドのサンスクリット語の
ウラバンナ(逆さづりの意)を読みを
漢字で表したものです。


仏教においてウラバンナは逆さ吊りに
され地獄の苦しみから人々を救う

行事を意味しています。


その教えが庶民の間で日本古来の
神道の先祖供養の考えと融合し、
現在の形になったと言われています。



地域によって様々な
宗教や神が存在している日本。


自分の信仰以外を排除するの
ではなく、受け入れ、
独自の文化に変えていく。



こんな考え方が現在の
お盆の形を作ったのですね。


ところで、お盆時期がなぜ祝日でも
ないのに休みなのかご存知ですか?


江戸時代、盆と正月に奉公人が
休みをとり、奉公先から家へ帰る
ことを藪入りと呼びました。



この休みをとる、という風習だけが
現在でも根強く残っているのだそうです。



また藪入りには、お嫁さんたちも
実家へ帰ることが許されていました。



束の間の休息ではないですが、
盆と正月は日本人にとって特別な
時期だったのですね。


子供にこそ伝えたい!お盆の文化



ではお盆について会話形式で
伝え方を紹介しますね。


子供「ねぇ~ママ!お盆って何?」


母「お盆っていうのは、祖先の霊をお迎えしてなぐさめる行事よ。」


子供「先祖の霊!?」


母「盆棚というところに祖先の霊をまつるのよ。」


子供「盆棚?」


母「盆棚にはきゅうりの馬やなすの牛も飾るのよ。」


子供「それに乗って霊があの世とこの世を行き来するんだ!」


母「そうよ。あとは盆花を飾るの。これを目じるしに霊を迎えるのよ。」


子供「盆花(ぼんばな)?」


母「ミソハギやほおずきが盆花になるのよ。盆花はこの時期にスーパーで売っているから買ってこなくちゃね。」


子供「お盆の時に火をたくのはなぜ?」


母「それは迎え火って言って先祖の霊をむかえるためよ。帰るときは送り火をたいて先祖の霊を送るのよ。」


子供「そうか。お盆には先祖の霊が帰ってくるからむかえるための準備をしたりするんだね。そうしたらまた安心して帰っていくんだね。」

母「祖先がいなかったら今のあなたもいないのよ。だから、先祖さまが帰ってくるお盆にありがとうって伝えたいね。」

子供「うん!わかった。」

日本人にとって、お盆は古き良き
大切な行事ということは
お分かりいただけましたか?



最近は子供さんにとって
お盆は夏休みの一環、
というイメージでしょう。


しかし、お盆は自分のルーツである
先祖に対して理解を深める良い機会
です。


先祖がいなければ、子供さんも
存在することはなかったことを
まず話してみましょう。



そしてお盆はその先祖に対して
生まれてきてくれてありがとうを
伝える日と伝えてみましょう。



先祖にありがとうと、ここまで成長した
ことを報告しにお墓参りに行く日、
でもいいかもしれません。



仏教についてあれこれ話すより、
ストレートに伝わると思います。


せっかく親戚一同集まるのですから、
先祖はこんな人だったのよ、
と話すのにも良い機会ですね



先祖を大切にするということは、
自分自身も大切にするという事。


お盆を機会に、親子でじっくり
家族について話してみましょう。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー