お月見,由来,子供,簡単,絵本

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お月見の由来を子供にも簡単に!おすすめ絵本は?

読了までの目安時間:約 5分
ANJ77_ehonw

お月見の由来知っていますか?子供に分かりやすく簡単に説明できますか?また、おすすめ絵本も紹介します。



秋の季節になると恒例に
なっているのはお月見。


すすきや団子を供えたり、月見酒と
しゃれこんでみたりと過ごし方は様々



しかし、このお月見という風習の
由来をご存知ですか?


子供さんに聞かれた時に、簡単に
説明してあげられますか?


そんな何でも知りたがる
子供さんをお持ちの方に。


基本的なお月見の由来と、
子供さんでも分かりやすい
絵本をご紹介します。



お月見の由来は?子供にも簡単に伝えるなら?

tukimi007
お月見は、中国の
中秋節(ちゅうしゅうせつ)が
由来だと言われています。


毎年中国ではこの日に月餅を
食べる習慣がありました。



その習慣が平安時代に日本に伝わり、
貴族や身分の高い人たちの
あいだで人気となります。


この頃のお月見は純粋に月を見ながら
宴会を催すだけのものでした。



これが江戸時代に庶民に浸透すると、
ただの宴会ではなくなってきます。



お月見の時期は旧暦の
8月15日と9月13日です。

スポンサードリンク

8月15日を十五夜、9月13日を十三夜
と呼び、毎年お月見をしてきました。



ちょうど十五夜の頃からは、大事な
米などの作物の収穫が始まります



そして十三夜の頃は収穫が
終わった頃です。



その事から、十五夜はお供え物をして
豊作を願い、十三夜は収穫した
作物を供えて豊作を感謝しました。


これが、現代のお月見の
かたちの原型です。


現在ではお月見を、花見の様な、
お酒を飲む行事と認識して
いる方も多いようです。


tukimi005
しかし、現在でも日本人にとって
月が特別な存在であることに
変わりはないようですね。



では、子供さんにもわかりやすく
伝えるにはどう話せばいいでしょうか?


幼稚園児ぐらいに話すなら、
シンプルにお月様にお礼をする日
ぐらいでいいかもしれませんね。


そのお礼の品が団子であったり、里芋で
あったりするんだと話すと
わかりやすいかもしれません。


子供さんが成長し、もう少し
理解できるようになったら
詳しく話してあげるといいでしょう。



お月見の由来の分かりやすいおすすめ絵本

egaokodomo13
古い歴史をもった行事はなかなか
簡単には説明できないものですよね。


そこで、お月見をテーマにした
絵本をご紹介します。

こんやはおつきみ


谷真介作、北田卓史絵の
こんやはおつきみ」です。


昔ながらの、お月見の
風習を描いた絵本です。



タクシー運転手を営むお父さんが主人公。


様々なお客さんを乗せる
ことでストーリーが展開します。


娘を思う父の気持ちにも
触れる事ができる、あたたかい作品です。



また、あとがきには当時の
お月見の風習の詳細が掲載されています。


初版本が1980年ですので、
まだ昭和の頃の風習です。


今読むと、大人は非常に
なつかしく感じますよ。



子供さんにもわかりやすく解説して
ありますので、あとがきまで
じっくり読んでみてください。


次にご紹介するのはこちら。

おつきみっておいしいね


きむらゆういち作、ふゆのいちご絵の
おつきみっておいしいね」です。


お月見を題材にした
仕掛け絵本となっています。



仕掛けとしては地味めですが、ラストは
子供がアッと驚くのでおすすめです。


楽しみながらお月見を
学ぶことが出来ます。



また紙芝居でのおすすめもご紹介。

なぜ、お月さまにおそなえをするの


渡辺享子作、絵の
なぜ、お月さまにおそなえをするの?」


日本人とベトナム人、
中国人の子供達がお月見の
準備を通して由来を学びます。



文部科学省にも選定を
受けている紙芝居です。


絵本と違いかさばりますが、
ある程度理解力がついた
子供さんにはこちらをぜひ。

こちらの動画もおすすめです。



お月見の由来についてのまとめ

tukimidango002
大人でも知っている方は
少ないお月見の由来。


由来を知らず、何となく行事として
こなしている方も多いかと思います。



この機会にお子さんと一緒に
ぜひ由来を学んでみませんか?



親子のよいふれあいの
機会にもなりますよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー