お宮参り,いつまで,持ち物

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

お宮参りはいつまでにすれば良いの?持ち物は?

読了までの目安時間:約 8分
baby002

お宮参りはいつまでにすれば良いの?また、持ち物についても紹介しています!



スポンサードリンク


お宮参りとは、正式名称は
産土神(うぶなすがみ)参りと呼びます。


歴史は非常に古く、起源は
室町時代と言われています。



もともとは新しく産まれた子供を地域の
氏神様にお披露目する行事でした。



当時は子供の生存率が低く、
無事産まれたとしても
大人になれるのはほんの一握り。



神様にすがっても、我が子だけは無事に
育ってほしいという親の切実な思いが
始まりだったと言われています。



生存率が格段に上がった現在でも、
思いは受け継がれ、子供の健康を
願いお参りをする方が多いようです。


お宮参りは、生後1ヶ月ぐらいを
目安に行うのが一般的。


しかし生後1ヶ月というと、なかなか
外出もままならない時期。



お母さんも出産のダメージや
慣れない育児で疲れがピークのときです。


そのため、最近ではお宮参りの時期を
ずらす方が多いのだそうです。



ですが、どのくらいまで
伸ばせるのでしょう?




3ヶ月?半年?1年?



知っておくと便利なお宮参りの知識と
持ち物についてご紹介します。


お宮参りはいつまでにすればいいの?

akachante

お宮参りの正式な日取り


男の子は生後30、31、32日目。

女の子は31、32、33日目の
大安吉日が良いとされています。


赤ちゃんを抱っこするのは、
父方の祖母がしきたりでした。


しかし現在では、そこまで厳密に
こだわる方はかなり少なくなりました。



気候と赤ちゃんやお母さんの体調が
いいときにお参りする方が多いようです。



生後1ヶ月のときが真冬や真夏の場合は
皆さん避けているようですね。


大体時期をずらした方は、
生後3ヶ月のお食い初めと
あわせて行っているようです。



しかし3ヶ月を過ぎたからと
言ってお宮参りをしては
いけないわけではありません。



極端な話、生後1年でもOKなのです。


なかなかそんな方はいないとは
思いますが、特に制限はありません。



お母さんや赤ちゃんの出かけやすい
時期を選ぶことが大切です。


またお宮参りにつきものの写真は、
撮ったり撮らなかったり。


七五三で撮るからいい、という人も
いれば一生の記念!と撮る方もいます。



あくまでそこはご両親のスタンスで
大丈夫だと思います。


赤ちゃんに関しての行事は本当に
ここ最近、フランクになってきました。


やってもいいし、やらなくてもいい。


一昔前はやれ節句だ、お食い初めだ、
お参りだとうるさかったですけどね。



ちなみに服装は、ご両親はスーツで
赤ちゃんはドレス、という
パターンが多いです。


スポンサードリンク

服装を選ぶ時は、赤ちゃんの服装に
ご両親が合わせるのがポイントです。



お宮参りの主役はあくまで
赤ちゃんですので、
それを中心に考えましょう。


赤ちゃんが普段着なのに
ご両親はスーツ、なんて主役を
差し置くようなことはしないように。


お宮参りのママの服装について
詳細を知りたい方はこちら



お宮参りによく見る産着は、
レンタルで手軽に手に入ります。


男の子は黒地に鷹や兜の柄


女の子は赤地に熨斗や
手毬の柄
が人気です。


ドレスの場合はケープをかけるのが
人気なのだそうですよ。


お宮参りの産着(うぶぎ)の着付け方は
こちらの動画が参考になりますよ!


お宮参りの時の持ち物は?

baby04
お宮参りは、赤ちゃんと遠出する初めての
機会、という方も多い事でしょう。


新生児と出かけるなら、
忘れてはいけない持ち物をご紹介します。



まずはミルク、お湯を入れた水筒、
うめる用の水。



うめる水は、軟水の
ミネラルウォーターをよく使います。


出先で買えばいいので手軽ですよ。


硬水は、赤ちゃんの内臓に負担を
かけるので必ず軟水にしてください。



またおむつ、おしりふき、
汚れたオムツをいれるビニール袋。



着替えが一組あるとミルクを
戻してしまったときなどに便利です。


他にもおむつ替えの際、
下に敷けるようなバスタオルも。


季節ごとに帽子や手袋、靴下など暑さや
防寒対策をしてください。



そして忘れてはいけないのが、祈祷を
受ける際に必要な初穂料です。


神社に聞いても「お気持ちで結構」
なんて言われる、謎の多いお金ですね。


最近の相場は
5000円~1万円度が主流です。


神社の中にはちゃんと料金表を
作ってくれているところもあります。



私がお宮参りに行った神社は
料金表があるタイプでした。


3000円、5000円などから
選べるようになっていましたね。



お金は白い封筒に入れ、初穂料で
あることが分かるよう書きます。


封筒の真ん中の上段に「初穂料」、
下段には赤ちゃんの氏名。



裏の下の方に金額をかきます。


これで準備は完璧です。


あとは当日が良いお天気で
あることを祈りましょう。


お宮参りについてのまとめ

baby005
細々と様々なしきたりがあるお宮参り。


今回ご紹介した以外にも、
今ではえっと驚くようなものも。


出産や産後75日以内の女性を
穢れたものとして扱う
風習もありました。



何と鳥居さえくぐらせず、参加すら
させない地域もあったそうです。


父方の祖母が赤ちゃんを
抱っこするのも、産後すぐの女性は
穢れているからなんだとか。



赤ちゃんのためにいちばん頑張ったのに、
穢れてるなんて悲しいことです。


そんなよくない慣習はぜひとも
廃れて頂たいもの



何はともあれ、お宮参りで大切なのは
赤ちゃんとお母さんの体調です。


特に出産から1ヶ月、お母さんの
疲労とストレスはピークに達します。



ホルモンバランスも崩れているので、
この頃のお母さんはかなりナイーブ。


もちろんお参りも大切ですが、
お母さんの気持ちを第一に
考えてあげてください。



少々体調が思わしくないのであれば、
生後1ヶ月にこだわらないことも必要です。


せっかくのお参りが、
素敵なものになるといいですね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー