バレンタインデー ,ラッピング,クッキー

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

バレンタインデー ラッピング【クッキー編】

読了までの目安時間:約 4分
ribon

クッキーをバレンタインデーに送る人もいますよね。そんな時のクッキーのラッピング方法について実際の体験談を紹介します。



スポンサードリンク


バレンタインのラッピング(クッキー編)



バレンタインチョコレートは、毎年、本命の旦那さまと、
子供たち、他には長男(小学校2年生)のお友達に
プレゼントしています。



最初に子供たちのプレゼントラッピングですが、
チョコレートが苦手なので、自宅でクッキーを作ります。


それを100円ショップで売っている、透明の
ビニールに入れて、飾り付きやカラフルな
ハリガネで結びます。



下の子が小さいので、テープで口をしっかり止める
タイプのものは、ビリッと一度開けると袋全体を
破いてしまいがちです。


そうすると、中身が全部飛び出してしまったり、
食べ残りがある場合もとって置けないので、
必ず、開け閉めしやすいハリガネ系にしています。



飾り付きのハリガネの場合はそのまま結びますが、
カラフルなハリガネの場合は一工夫欲しいので、
ハリガネをうまい具合に折り曲げて、リボンの様に
見えるように結ぶと可愛らしいです。



また、クッキーを入れる袋は、


必ず透明にします。


子供たちの好きな型でクッキーをつくったり、
メッセージをクッキーに書いて作る場合が多いので、
外から中身が見えるのも可愛いラッピングの内だと思います。


メッセージがあると、子供ながらにとても喜びます。


小さな子供には、好きなキャラクターの絵を書き、
周りに星やハートのキラキラシールをいっぱい
はるとよろこびます。



小学生のお友達用は、チロルチョコなど、カラフルな
小さめチョコや飴を透明なビニールに入れます。


そして、一緒にメッセージカードも袋に入れて、
こちらは危なくない様にリボンで結びます。




本命の旦那のチョコレート



次に本命バレンタインチョコレートです。


旦那さまへのプレゼントの中身は、子供たちと
選んだネクタイやお財布などの小物類を選びます。



ラッピングはお店にお任せしますが、できるだけ
赤い大きなリボンを付けてもらいます。


赤は旦那さまと子供たちの好きな色なので・・。


購入したプレゼントに、手作りのチョコレートを
別にラッピングして一緒渡します。



手作りチョコレートは、トリフなどが多いですが、
箱に入れて見栄え良くします。


ラッピング材料は、100円ショップで購入します。


小さめな箱にクッション剤を入れて、カップ
(ホイルだったり、紙製のものだったり)に
チョコレートを乗せて箱にしまいます。


チョコレートが映えるように箱もカップも無地にして、
箱には包装をしないで、直接お花(ラッピング用の造花)
などをシールでつけます。



メッセージカード



お花をとめるシールに、一緒に小さな
メッセージカードを添えます。



また、子どもたち同様に、小さなメッセージカードに
メッセージを書いて、コレは袋の裏側に、シールで
しっかり貼り付けます。


やっぱり、メッセージカードは喜びます。


普段、思っていても口に出せないことを
メッセージに書けば、思いも伝わりますよ。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー