バレンタイン,マカロン,手作り,彼氏

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

バレンタインにマカロンを手作り【彼氏へ】

読了までの目安時間:約 4分
PAK75_makaron

バレンタインに彼氏のためにマカロンを手作りしたという体験談を紹介します!!成功したのかな?



バレンタインは本命に手作り



バレンタインは小さい頃から、お父さんに
手作りのものをあげた経験しかなく・・。


初めてのバレンタインチョコでは購入するという
選択肢は頭にありませんでした。



失敗したチョコを無理に「おいしい」と言わせる
のが忍びなかったので、自分も好きなお菓子にして
何度か練習につくろうと考えました。


バレンタインにマカロンを手作り



持ち歩く時間や作る時間などを考えて、マカロンを
数種類つくることにしました。



練習は難しかったので2回、本番で渡したのは
3回目につくったものです。


レシピはネットで検索しました。


インターネットで検索すると、失敗した人の
経験談なども出ています。


上手くいかなかった最初の回は、そういう
のを参考にして改善点を考えました。


そんなにたくさんあげても一人で食べきれない
かなと思ったので、贈ったのは数個です。



余ったものは義理と自家消費にまわしました。


バレンタインの手作りマカロンのラッピング



レシピ通りにつくって、きれいな形のものを
厳選し、そのマカロンをラッピングしました。



ラッピングは相手が受け取りやすいように、
ピンクとかリボンとかのかわいいものは
避けることにしました。


ラッピング材料はユザワヤで、ちょうどいい
形の箱を見つけました。



焦げ茶色のシックな感じの箱で、ひとつひとつ
入れるような形になっているものです。



本当はトリュフとかを入れる箱だったのだと
思いますが、中にマカロンを入れてみると、
パッと見、お店っぽい感じになりました。



手作りもあまり全面に押し出しすぎると、
相手が受け取りづらいかなと思います。


だから、専用の箱を使って商品ぽい雰囲気に
できたのは良かったかなと思います。


包装紙はかけていませんが、しっかりした箱
だったので、紙袋に入れるだけで十分でした。


この時期になると特設のラッピングコーナーが
できますが、その中にありました。


わりと前の話なので、今のユザワヤで同じよう
なものを扱っているかどうかは分かりませんが、


だいたい製菓材料や包装用品を扱っている
お店だったら、似たようなものは手に
入れられると思います。


準備は2月に入ってからだったと記憶しています。


時間も手間もかかりましたが、本命だったので
面倒だと感じることはなく、むしろ楽しかったです。


ラッピング自体は詰めただけなので、
ほとんど時間はかかりませんでした。



本命にバレンタインを渡した!



渡したのはデートの時です。


相手は20代前半の大学生です。


わりと草食系っぽい感じの子です。


付き合って、初めてのバレンタインの時でした。


その場で食べてくれて、「おいしい」と好評でした。


手軽につまめるものを選んだのが良かったと思います。


小さな紙袋でボリューム的にあまりかさばらな
かったので私自身の持ち運びも楽で、デート中も
邪魔にもならず、楽しむことができました。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー