情報

夢の実

毎日が楽しくて夢のある話題や気になる事をお伝えします!!

マレフィセントの感想

読了までの目安時間:約 8分
kurobara

映画マレフィセントを観てきました~~。


この記事の目次


スポンサードリンク


長女は学校が夏休みになり、どこかへ行きたい~~ってうるさいので・・・、映画館に行ってきました。

 

3才の次女に何が観たいの?と映画館の
ホームページから映画の予告編を見せて、
聞いてみると・・。

 

マレフィセントが観たいと言うので・・・・。

 

あれっアンパンマンやプレーンズではないのね・・・。

 

一応プレーンズも観たいって言ってたんだけど、
お姉ちゃんの真似をして言っているのかな・・・。

 

でも、次女も長女も観たいってことで、
早速、映画館に行ってきました。

 

予告でもマレフィセント扮するアンジェリーナ
ジョリーが美しすぎるって思っていました。

 

本編でも、どの表情を観ても濃厚な美しさがありますね。

 

 

ストーリー

 
 マレフィセントの子どもの頃
 

マレフィセントの子どもの頃からストーリーは始まります。

 

このマレフィセントの子ども時代も無邪気で純粋でかわいい。

 

でも、ある時、人間の男の子が妖精の森で、

宝石を持ち出そうとして、つかまります。

 

すぐに、人間の世界に戻してあげますが、

別れる時に握手をしようとすると男の子の鉄の

指輪がマレフィセントを怪我させてしまいます。

 
マレフィセントと少年
 

妖精は鉄に触れると赤く傷がついてしまうのです。

 

そのため、男の子は指輪を遠くに投げ捨ててしまうのです。

 

マレフィセントと握手するために・・。

 

この男の子は両親が亡くなっていて、

わら小屋で暮らしている貧しい子どもだったのです。

 

貧しいのに大切な指輪をマレフィセントの為にすててしまったのです。

 

そんな男の子にマレフィセントは親しみを覚えます。

 

男の子の名前はステファン。

 

そして、ステファンも時々、妖精の森に遊びに来るようになりました。

 

そして、何時しか、2人の間に友情が芽生えます。

 

そして友情はいつしか愛に変わります。

 
野心家のステファン
 

でも、年月が過ぎるうちに、野心家のステファンは変わってしまいます。

 

もう、森にも遊びに来なくなりました。

 

王の家臣になったステファンは、妖精であるマレフィセントを

倒すと次の王になれるという事を聞きます。

 

そこで、マレフィセントに会いにまた森へ行きます。

 

油断したマレフィセントに睡眠薬を飲ませます。

 

剣で胸を突き刺そうとしましたが、それは

やはり気がひけたのでしょう。

 

マレフィセントの立派な翼を切り取り、お城に持ち帰りました。

 

そして、ステファンは王になりました。

 
オーロラの誕生
王になったステファンにはやがて女の子が生まれます。

 

それがオーロラです。

 

嫉妬と怒りでマレフィセントはオーロラに

おとぎ話と同じ様に呪いをかけます。

 

そして、オーロラは3人の妖精に森で育てられます。

 

3人の妖精は育児が得意ではなさそうでした。

 

そこで、マレフィセントが影からいつも助けていました。

 
オーロラとマレフィセント
優しく美しく育ったオーロラですが、その陰には

マレフィセントがいつもいたのです。

 

優しいオーロラは、マレフィセントのことを妖精の

ゴットマザーと呼んで、慕ってきました。

 

マレフィセントを妖精の守り神と思っていたのです。

 

マレフィセントは、呪いをかけたことを後悔して、呪いを消そうとします。

 

しかし、その呪いはとても強力で消すことができませんでした。

 

そして16歳の前日になりました。

 
真実の愛
オーロラは自分が城の姫であることを知り、お城に向います。

 

そこで、糸車の針に指を刺して眠りについてしまいます。

 

お城に向かう前に王子様と出会っていました。

 

オーロラの呪いをとくには真実の愛が必要なのです。

 

マレフィセントは、その王子にオーロラの運命を託します。

 

王子を魔法で眠らせて、お城に連れていきます。

 

そして、王子様がオーロラにキスをしました。

 

でも、オーロラは眠ったままです。

 

真実の愛は無かったのでしょうか・・。

 
マレフィセントのキス
 

マレフィセントは、涙をながして、自分の呪いを悔います。

そして、オーロラにキスをすると・・・・。

 

オーロラは目覚めました・・・。

 

真実の愛は、マレフィセントの心の中にあったのです。

 

かつて愛するステファンに裏切られて真実の愛なんて無いと思い込んでいたのです。

 

 

感想

アンジェリーナジョリーの美しさで、映画の大きな画面が飽きないですね・・。

妖精たちのCGも本当にキレイで美しかったです。

子どもでも大人でも楽しめます。

ちなみに3才の次女も最後までおとなしく観ていました。

ストーリーも面白かったです。

オーロラに呪いのことがバレてしまった時の
アンジーの悲しそうな表情は忘れられません。

大きな羽で自由に飛び回る姿がとても迫力があります。

あとは、オーロラが小さい時に森でマレフィセントに出会って

「だっこ・・・」と言って抱っこしてもらうシーンがあるのですが、その赤ちゃんが可愛い。

無邪気にマレフィセントの角を触っています。

この子がアンジーの実の娘さんかな・・。

他の子役だとみんな怖くて泣いてしまったそうですもんね。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
プロフィール
mana
    
  ⇒詳しいプロフィール

都内在住の主婦です。2人の子どもと毎日楽しく過ごしています。

人気記事一覧
気になる話題Pickup
カテゴリー